売上高とは?財務会計上の意味

「売上高」とは、商品やサービスを提供して受け取る対価のことで、経費を計上する前の金額。財務会計では、現金主義ではなく、発生主義で計上する。損益計算書に記載されている数字なので、財務分析では計算する必要はない。

現金主義
提供した商品やサービスの代金を受け取った時点で計上
発生主義
商品やサービスを提供した後、代金の回収が確実だと思われる時点で計上

※発生主義は「商品やサービスを提供した時点で計上」という解釈でも特に問題はない

更新日:

Copyright© 財務分析DB , 2019~2019 All Rights Reserved.