棚卸資産回転率とは?意味と計算式

棚卸資産回転率の意味

棚卸資産回転率とは、売上高棚卸資産で割った値のことで、回数表記される。「棚卸資産一円あたりどれくらいの売上げがあったのか」を示し、「商品などの販売がどれくらい効率的に行われたか」を意味する。また、「棚卸資産が一年間で何回売り切れたかを示す値」とも言える。他の回転率と同様に、高いほど好ましいとされる。

棚卸資産回転率の計算式

棚卸資産回転率(回) = 売上高 / 棚卸資産

※棚卸資産は前期末と当期末の平均を使うこともある

補足|棚卸資産回転日数

一年間の日数(365日か366日)を棚卸資産回転率で割れば、「棚卸資産回転日数」を求められる。これは、「棚卸資産が一回売り切れるのに掛かった期間」を表す。

棚卸資産回転日数(日) = 一年間の日数 / 棚卸資産回転率

関連する用語

更新日:

Copyright© 財務分析DB , 2019~2019 All Rights Reserved.