純資産とは?意味と計算式

純資産の意味

「純資産」とは、総資産から総負債を差し引いた金額のことで、企業が保有する自己資本の合計金額(負債は他人資本と呼ばれる)。中には株主資本や会計上の自己資本が含まれている。負債を一括返済したとしても残る資産なので、純資産が多いほど安定性が高いという解釈もできる。「△」で表記されているのは、純資産がマイナス(債務超過)の時。

純資産の計算式

純資産 = 総資産 - 総負債

関連する用語

更新日:

Copyright© 財務分析DB , 2019~2019 All Rights Reserved.