配当性向とは?意味と計算式

配当性向の意味

配当性向とは、「当期純利益から配当金をどれくらい支払ったか」を表した数字で、パーセント表記される。高いほどいいというものでもなく、企業の方針によって大きく変わる。一般的に、成熟企業は投資の必要性がそこまでないので、配当性向が高くなりやすく、成長企業は投資が必要なこと多い為、配当性向が低くなりやすい。要は、配当性向は、「利益をどう使ったのか」を表す指標の一つということである。

配当性向の計算式

配当性向(%)= 配当金の支払額 / 親会社株主に帰属する当期純利益 × 100

配当利回りとの違い

配当利回りの計算式は、以下の通り。

配当利回り(%) = 一株あたりの年間配当 / 株価 × 100

配当利回りは、「この株式を買ったら、年間でどれくらいの配当金が受け取れるか」を表す数字なので、配当性向とはその性質が違う。投資家は、どちらかと言えば配当利回りの方を重視することが多いと思われる。

関連する用語

更新日:

Copyright© 財務分析DB , 2019~2019 All Rights Reserved.