財務分析に役立つ証券会社を3つおすすめしてみる

上場企業の財務分析をする際に役立つツールを提供している証券会社を3つおすすめしてみる。財務分析の効率化を図りたいなら意外と役立つかも。自分で財務分析できるならそこまで必要ないかもしれないが。
GMOクリック証券優秀な財務諸表分析ツールに加え、理論株価計算ツールや経営分析ツールなども提供
マネックス証券過去10年以上の財務分析データが見れる「銘柄スカウター」が秀逸
楽天証券営業利益率や流動比率なども指定して検索できる「スーパースクリーナー」が便利

GMOクリック証券|理論株価が計算できる証券会社

GMOクリック証券のおすすめポイント

  • 計算が面倒な「理論株価」の計算ができる
  • 株価の割安・割高の指標が手に入る
  • 過去10年程度の業績をグラフで示してくれる
  • 経営分析ツールもある
  • 「シミュレータ」で企業の将来予測ができる
理論株価が計算できるのがかなり便利なんだけど、投資をする際には、理論株価をあまり当てにしすぎない方がいいとも思う。何を信じるかは投資家次第ではあるんだけど。

マネックス証券|財務分析ツールが優秀な証券会社

マネックス証券のおすすめポイント

マネックス証券が提供する財務分析ツール「銘柄スカウター」には、以下のような機能があります。
  • 過去10年以上の業績をグラフと表で一括表示
  • 四半期決算ごとの業績を一括表示
  • 数年間に渡るPERや配当利回りなどの推移をグラフで表示
  • 複数銘柄のROEや自己資本比率などをまとめて比較できる
  • 配当性向を見ることができる
  • セグメントごとの業績を見れる
証券会社が提供している財務分析ツールとしてはかなり優秀な部類。もっと専門的な財務分析データは、やはり他のサイトなどに頼るしかないのが残念だが。その辺が証券会社の限界なのかも。

楽天証券|銘柄スクリーニング機能が優秀な証券会社

楽天証券のおすすめポイント

例えば、以下のような指標を指定して銘柄スクリーニングすることもできる。
  • ROE・ROA
  • 時価総額
  • 売上高
  • 売上高変化率
  • 海外売上高比率
  • 売上高営業利益率
  • 売上債権回収率
  • 自己資本比率
  • 流動比率・当座比率
  • インスタント・カバレッジ・レシオ
楽天証券の銘柄スクリーニング機能「スーパースクリーナー」では、この他にもいろいろな条件を指定してスクリーニングできるので、財務分析を行ってから投資をするような投資家にはそこそこ重宝するはず。

投稿日:

Copyright© 財務分析データベース , 2019~2019 All Rights Reserved.